SIBILOG

日々のことをまとめる私的な備忘LOG

便利グッズ

コールチャイム LCW100 レビュー 安価な呼び出しベルです。

自宅・風呂場・事務所など離れたところから人を呼び出したい時に便利。コールチャイム LCW100を購入したので使用までの手順や使ってみた感想などを記事にしました。詳細は、以下

スポンサーリンク

ワイヤレス コールチャイム LCW100って?

機能概要
値段 960円(2018/12 amazonでの価格)
音量 大 or 小で調節可
チャイム音 3種類(ピンポン/ピンポンパンポン/エリーゼのために)
受信可能距離 50mまで(屋内では短くなることあり)
電池 送信機:ボタン電池 CR2032 2個(付属)
受信機:単3アルカリ電池3個(付属なし)
電池寿命 3ヶ月(一日10回送受信)

おすすめ使用用途

  • 来客時のドアチャイムとして
  • お年寄りや体の不自由な方の呼び出しボタンとして
  • 各部屋の呼び出しに
  • 店舗や事務所での連絡や呼び出しに
  • バスルーム、洗面所、離れや作業場からの呼び出しに

使用までの手順 感想など

まず、背面を開けて電池をいれる。

受信機側には単3電池3個が必要でした。付属はしていなかったので100円均一でアルカリ単3電池を購入してきました。背面をスライドさせて開けます。

 

送信機側にはボタン電池 CR2032 2個 が必要。背面はネジ留めしてあるのでドライバーが必要。

 

送信機側には画像矢印の赤丸部分に選曲ボタンがあります。押すと3種類のチャイムが切り替わります。(ピンポン/ピンポンパンポン/エリーゼのために)双方のフタを締めたら準備完了。

 

送信機ボタンのボタンを押すと・・・・

 

ピンポン~~~♪

 

と受信機から無事チャイムがなりました。自宅1階から2階への呼び出しとして使用しています。(距離は5~6m)

値段が安かったので動作しない不安がありましたが、問題なく動作して良かったです。設定の必要はなく電池を入れて使いたい場所に置くだけなので簡単に使えて便利でした。

ワイヤレス コールチャイム LCW100 が鳴らないの時の対処

ボタン電池を1個しか入れていない

ボタン電子が2個付いてたので1個は予備かと思って入れていなかったのですが、動作には、ボタン電池2個必要。2つとも+面を上にして入れましょう。

距離が遠すぎる

受信可能距離は50mまでとなっています。”屋内では短くなることあり”との記載がありました。家の構造。木造・鉄筋などによっても変化するかもしれません。ちなみに自宅は木造2階建て1階から2階まで5~6m程度。

電池が消耗している。

ボタン電池、単3電池は新品を使いましょう。古い・消耗している電池は故障の原因になるとの記載があります。

この商品はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

  • 安価な呼び出しチャイムが欲しい。
  • 呼び出し音は少なくて良い。
  • 機能は最低限で呼び出しさえ出来れば良い。
  • 呼び出す人は一人だけ(送信機の増設は不可)
  • 距離があまり離れていない場所で呼び出す(50m以内)
  • 風呂場から呼び出したい。
  • デサインは気にしない。
  • コンセントを使いたくない(送受信機は両方 電池式)

コールチャイム LCW100用の電池

その他 気になったコールチャイム

ワイヤレス コールチャイム LCW100と購入を迷ったコールチャイム。58種類の音楽が選べたり、距離が300mまでと遠くまで届く。後は見た目が黒なので自分好みでしたが、お値段が1800円ほど若干上がります。自宅で使うには高機能すぎるかなと思い安価な方を選びました。

 

受信機・送信機が増設できるタイプ。より多くの人を呼び出したい場合はこちらがおすすめ。

 

双方向会話機能付きのコールチャイム。呼び出しだけでなく会話もしたい場合はこれ。

 

他にもコールチャイムは多くあるので呼び出す環境にあったものを探しましょう。

-便利グッズ

Copyright© SIBILOG , 2019 All Rights Reserved.